コルゲートフィン CO

100×102×75mmサイズで表面積45万㎟、重量189g、アスペクト比22.7
フィン高さ最大75mmの薄板金属製コルゲートフィンをスタンダード化

「コルゲートフィン」は薄板金属を弊社独自設備にて折り曲げて作製した伝熱フィンです。一般的にアスペクト比(フィン高さ÷フィンピッチ)が大きくなるとフィン厚みが厚くなり、間隙が小さくなりますが、薄板金属を折り曲げた事で、アスペクト比20以上であっても十分な間隙が確保できます。間隙が確保されているため、同じサイズのヒートシンクなどに比べ、非常に軽量です。
板金加工により製作していた商品と比べると、フィン高さやフィンピッチが安定しています。
現在は6種類の形状をラインナップしていますが、図の加工範囲内であれば、一部のパーツを作製するだけで、カスタマイズ寸法の製作が可能です。

特徴

  • 01 背の高いフィンの新工法

    一般的に、プレス加工(連続加工)であれば、フィン高さ25mm程度、それ以上の高さは、特殊な工法であったり、板金加工(1曲げ毎)での製作が多く、それぞれ、投資コストが高かったり、生産性が悪かったりという課題があります。弊社では、自社で製造設備を開発したため、フィン高さ75mmまでのコルゲートフィンが最小限のパーツで作製可能です。汎用性と生産性を両立したことで、新規でフィン高さが高い伝熱フィンをお探しの方、板金コルゲートフィンの加工先が見つからない方、まずはご相談下さい。

  • 02 軽量化

    フィン高さが高いヒートシンクの場合、フィン厚みが厚く、ベース部分も厚くなり、アルミであっても重くなります。薄板高アスペクト比コルゲートフィンであれば、薄板金属で作製しているため、同じフィン高さ、フィンピッチであれば、サイズ、表面積は維持したまま、軽量化が可能となります。

  • 03 表面積拡大

    コルゲートフィンは高いフィン高さのまま、フィンピッチが狭いという特徴があります。一般的なヒートシンクと同等のフィン間隙を維持し、表面積を拡大することが可能です。また、軽量化目的で、弊社フォールディングフィンをご使用の方には、フィン部分の両面が熱交換面積となるため、軽量化したまま表面積の拡大が見込めます。

製品仕様

材質 A1050
フィン板厚 0.3mm
フィン高さ 30mm、40mm、60mm、75mm
フィンピッチ 3.3mm、4mm、5mm、8mm
フィン巾 100mm
フィン長さ 86.8mm〜102mm
山数 5〜15
フィン枚数 10〜30枚
アスペクト比 7.5〜22.7

詳細条件を追加

条件を選ぶと件数が表示されます

商品に関するお問い合わせはこちら

ご購入に関してはこちらのサイトからお手続きください

フォームからのお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

無料サンプル申込 WEB面談