薄板放熱フィンで配管・放熱管・金型・設備等の熱交換効率拡大

フォールディングフィン IPFF

アルミ配管内側の表面積が最大16倍。丸めて、押し込むだけの伝熱フィン。

パイプ・配管
内側挿入フィンのIPFFシリーズは、配管に後から挿入可能な伝熱フィンです。既存設備にもすぐに取り付けて表面積を拡大できるように、スタンダートフィンとして販売しています。アルミ製は、アルミJIS配管φ12~φ60の内径用、ステンレス製は、ステンレス配管8A10S~100A10Sの内径用となっています。
本製品は、多品種少量に特化した生産設備を開発し実現しておりますので、加工範囲内であれば、金型交換無しで、フィンピッチ、フィン高さ、フィン枚数を自由に変更でき、設定したフィンを1個からでも製造できます。スタンダードフィンに無い寸法については、カスタマイズ対応可能であり、アルミ、ステンレス以外に銅や特殊材の加工についても対応可能(製造範囲は変わります)です。要望ありましたら、お問合せ下さい。
拡大される表面積は内径φ10の時で約3.4倍、内径φ57.6の時で約16.8倍となります。接触熱抵抗、熱伝達率などが取付方法、流体、環境により変わるため、表面積10倍で性能10倍となりませんが、これまで配管中心を熱交換せずに通り抜けていた流体を減らすことで、性能向上へと繋がります。薄板(t0.1~0.2)を使用する事で、圧損上昇も最小限に抑えていますので、先ずは既存設備に挿入して頂き、新商品をお試し頂ければと思います。

特徴

  • 01 高性能化

    これまで取り付けられなかった場所に取り付けられることで、製品の高性能化が見込めます。表面積を内径により、3~16倍に拡大できるため、熱交換面積拡大、触媒反応面積拡大などが実現可能です。また、配管中心付近はこれまで、通り抜けていただけですが、フィンを差し込むことで、フィン先端の集合部分は邪魔板の役割も果たし、熱伝達率の向上にも寄与します。

  • 02 後付け

    フレキシブルさと金属のばね性を利用して、配管内に押し込むことで設置できます。後付けで設置できるため、現状設備の通常配管にも追加できる画期的な商品です。また、フィン付配管とは違い、必要な部分だけに設置できるため、無駄な圧損上昇もありません。

  • 03 軽量

    弊社フィンは、非常に薄い金属材料を折り曲げて作製しています。フィン部分は板厚の2倍、底部分は板厚と無駄の無い形状となっており、非常に軽量です。配管に後付けで挿入しても、配管を支える支柱が必要になるなどの問題はほぼ発生しません。

製品仕様

材質 A1050、SUS304
フィン板厚 0.1、0.2mm
内径 10mm〜108.3mm(JIS規格)
フィン高さ 高さの異なるフィンを規則的に配置。
フィンピッチ 3.01mm〜4.6mm
フィン巾 100mm
フィン長さ 31.4〜340.2mm
フィン枚数 8〜84枚
重量 6.2〜129.0g

※商品選定方法
①表1、2 より、使用しているパイプの内径を選択します。
少し縮めて押し込むので、同じ径が無ければ近い大きい径をお選び下さい。
②図番は IPFF-1-A-d の d に選択した内径を入力したものになります。
内径 20.0 の場合、図番は IPFF-1-A-20.0 となります。※溶接ありの場合、IPFF-2

詳細条件を追加

条件を選ぶと件数が表示されます

商品に関するお問い合わせはこちら

ご購入に関してはこちらのサイトからお手続きください

フォームからのお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

無料サンプル申込 WEB面談