パイプ・配管 外側巻き付け フォールディングフィン OPFF クリップ固定

パイプに巻き付けクリップで簡単固定。6A~300A、10~300mmでラインナップ。

パイプ・配管 外側巻き付けフォールディングフィン『OPFF』は、配管に後付け可能な伝熱フィンです。薄板金属を折り曲げて製作しているため、金属特有の高熱伝導率を有しながら、薄板金属の軽量・フレキシブルで高強度という特徴があります。そのため、設備や工場の配管に後から巻き付けられ、配管の熱交換面積を拡大させることで、熱交換性能を向上させることができます。
『OPFF-1』はクリップ固定タイプです。両サイドのフィンが立った状態(フランジが無い)のため、巻き付けてフィンの面と面を合せて板バネ金具で挟むことで簡単に取り付けられます。板バネ金具は弊社で販売中の『OPMF-1』だけでなく、書類用クリップも使用できますので、非常に取り付けが簡単です。熱伝導シートや接着剤などと組み合わせる事で、さらなる性能向上や完全固定も可能です。また、クリップ固定部(フィン両端の合せ面)には、結束バンドでフィン外周を固定した際、バンドがずれ難くするための溝を設けてあります。
現在、6A~300A、10~300mmの配管用をラインナップしていますが、設備加工範囲内であれば、1個からでも自由な寸法でカスタマイズ品の作製が可能です。特殊な配管径やフィン高さを変更したいなど、様々な変更が可能です。また、金属材料についても、アルミ、ステンレス、銅をはじめ、曲げ加工が可能な薄板金属材料であれば、加工可能(材質によって加工範囲は変わる)です。
長い配管にたくさん取付を検討される場合は、熱流体解析ソフトを用いたシミュレーションにて、予想必要数を検討する事も可能ですので、カスタマイズ対応に関してもお気軽にご連絡頂ければと思います。

特徴

  • 01 高性能

    配管の熱交換性能はパイプ外側がボトルネックになっている事が多いので、フィンを取り付け、熱交換面積を拡大することで、放熱性能が向上します。社内実験でも温度低下量20%アップ(配管内気体、配管外自然空冷、フィン1個取付)などの結果もでています。社内実験や解析事例は随時更新していますので、最新情報は弊社HPを確認下さい。

  • 02 後付け

    薄板金属を折り曲げ、様々な寸法のフィンを作製可能としたことで、多種多様な配管に合わせてフィンの設計が可能となり、既存設備の配管への後付け、巻き付けが容易です。専用の固定金具も準備していますので、環境に合わせて固定方法も選択が可能です。

  • 03 軽量

    弊社フィンは、板厚0.2、0.3といった非常に薄い金属材料を折り曲げて作製しています。フィン部分は板厚の2倍、底部分は板厚と無駄の無い形状となっており、非常に軽量です。配管に後付けで巻き付けても、配管を支える支柱が必要になるなどの問題はほぼ発生しません。

製品仕様

材質 A1050、SUS304
材料厚み 0.3mm
取付配管呼称 6A〜300A
取付配管mm 10mm〜300mm
フィンピッチ 6mm
フィン高さ 60mm
フィン長さ 30〜990mm
材料巾 100mm
フィン枚数 5〜165枚

詳細条件を追加

条件を選ぶと件数が表示されます

商品に関するお問い合わせはこちら

ご購入に関してはこちらのサイトからお手続きください

フォームからのお問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

無料サンプル申込 WEB面談